【イタリア・ナポリ】観光地をエリア別に紹介!美しさとカオスさが織り混ざる街

ナポリ観光 エリア別に紹介

イタリア第3の街ナポリというと、どのようなイメージがありますか?

「ナポリを見て死ね」といわれる風光明媚さ、治安が悪くマフィアなどの物騒なイメージ、神の子と呼ばれたマラドーナ選手が活躍したSSCナポリなど、様々ではないでしょうか。

りり

2024年1月に子連れ旅でナポリに5泊しました。

美しさとカオスさが混ざった、ナポリの街のディープな雰囲気が面白かったです!

主に以下の4つのエリアを観光したので、今回の記事ではその時の様子をシェアしていきます。

  • プレビシート広場周辺 – 洗練された美しい地区
  • スペイン地区周辺 – 明るい時間帯に楽しもう
  • 歴史地区 – ディープでカオスなナポリの旧市街
  • ヴォメロ地区 – 治安の良い丘の上の高級住宅街
りり

これからナポリへお出かけ予定の方は、出発前にぜひこの記事で現地の様子をご覧ください!

子供と一緒に観光バスに乗って景色を見たり、歩きながら街の雰囲気を楽しむのが中心で、「外観観光だけで終了」 「有名な教会に行きそびれた」等のツッコミどころもありますが、ご容赦いただけたら幸いです💦

実際に訪れたレストランやジェラテリア情報も載せています。

りり

治安面で不安な方も多いかと思いますが、明るい時間帯に出歩くにはそれほど危険は感じませんでした。

ただし、混雑している場所も多かったので、手荷物には気をつけましょう!!

訪問した場所の個別のホームページが意外と見つかりませんでした。案内の最後にGoogle mapに飛べるようになっているので、そこで営業時間や最新情報をご確認ください。

それでは、早速ナポリの魅力をご紹介していきます🎉

ナポリから日帰りで行った「プロチダ島」の情報は、こちらに詳しくまとめました!

あわせて読みたい
【イタリア・ナポリから日帰り旅行】プロチダ島への行き方と観光情報を紹介! ナポリから日帰りで行ける「プロチダ島」をご存知ですか? ナポリからの日帰り観光で、人気の島といえばカプリ島やイスキア島。 カプリ島には一度行ったことがあります...

【エポスカード】

丸井グループが発行しているエポスカードは、旅行者の強い味方!!

旅行代金の一部をエポスカードで支払いすれば、海外旅行傷害保険が適用されます。

入会費は無料で、年会費も永年無料。

海外旅行によく出かける方には、携帯必須のお得なカードです!

\ 2000円のエポスポイントがもらえる! /

この記事を書いた人

りり / 旅行大好き

ハンガリーの首都、ブダペスト在住18年
1人旅が大好きで、世界50カ国以上を訪問
東京で旅行会社に4年勤務経験あり
ヨーロッパに長年いるけれど、実はインドや暖かい国が大好き

旅のプロとして、みなさんに役立つハンガリー情報や、旅行情報をお届け中!
ハンガリー旅行に関するお問い合わせもお気軽にどうぞ!

目次
スポンサーリンク

プレビシート広場周辺 – 洗練された美しい地区

プレビシート広場 – ナポリの有名な広場といえばここ!

ナポリのプレビシート広場とサン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂
朝7時すぎのプレビシート広場の様子

ナポリで有名な広場といえばプレビシート広場

広々とした広場に立つサン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂の独特な外観が印象的です。

広場の反対側にはナポリ王宮があり、中は博物館として公開されています。私たちは訪問しませんでしたが、豪華絢爛な内部は観光客からの評価が高いです。

プレビシート広場
住所80132, Metropolitan City of Naples, Naples
アクセスMunicipio駅から徒歩10分

ウンベルト1世のガッレリア – 天井の高いショッピングアーケード

ナポリにあるウンベルト1世のガッレリア
ウンベルト1世のガッレリアの内部の様子と外観

イタリアのガッレリア(アーケード)といえば、ミラノのヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が有名ですが、実はナポリにもガッレリアがあります!

ナポリのウンベルト1世のガッレリアは1890年に完成。ミラノのガッレリアを参考に建設されており、床のモザイク画や天井のフレスコ画もミラノのガッレリアを彷彿させます。

ミラノと違うのは、ガッレリア内には庶民的なお店や、テナント募集中の空の店舗もあり、全体的に地味に落ち着いている点です。

りり

ガッレリア内のカフェなど、お財布を気にしすぎず気軽に利用できます!

ちなみに、ガッレリアの隣にはヨーロッパ最古のオペラ座・サンカルロ劇場があります。私たちの訪問中は、改装工事中でシートがかかっていました。

ウンベルト1世のガッレリア
住所Via Santa Brigida, 68, 80132 Napoli NA
アクセスMunicipio駅から徒歩6分

ヌオーヴォ城 – 重厚な見た目が迫力満点

ナポリのヌオーヴォ城の外観
宿泊したアパートメントのプライベートテラスから見るヌオーヴォ城。ヴェスヴィオ火山や、港に停泊中のMSCクルーズ船も写真に収めました

13世紀に建てられた、重厚な見た目が迫力満点のヌオーヴォ城。フランスのアンジュー家の城として、ルネサンス様式で建設されました。

私たちは入場していませんが、内部は博物館・美術館になっていて、テラスから美しい景色も見られるそうです。

りり

巨大なお城は、外観を見るだけでも満足でした!!

入り口はナポリ港側ではなく、反対側(画像右側の白いファザード部分)にあります。

ヌオーヴォ城
住所Via Vittorio Emanuele III, 80133 Napoli NA,
アクセスMunicipio駅から徒歩3分

サンタルチア地区 – 景色を見ながら散策を楽しもう

ナポリのサンタルチア地区の様子
サンタルチア地区からの海の景色は素晴らしいです

サンタルチアといえば、ナポリ民謡の「サンタルチア」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ナポリ湾の景色が美しく、海岸沿いの散策を楽しめるエリアです。奥の方には高級ホテルも並んでいます。

りり

私たちも散策を楽しみリラックスできました。たくさんの現地の人・観光客が歩いていましたよ〜。

サンタルチア地区の奥にはナポリ最古の城・卵城(2024年現在入場不可、外観のみ見学可能)が立っているので、時間のある方は足を伸ばしてみてください。

サンタルチア地区
住所Santa Lucia, 80132 Napoli NA
アクセスプレビシート広場からすぐ、卵城までは徒歩15分

【食べ物編】ブランディ(Brandi) – マルゲリータピザ発祥の店

ナポリにある老舗ピッツェリアブランディの様子
ブランディの外観と店内の様子

1780年創業(!!)のブランディは、マルゲリータピザ発祥の超有名店。

お店は道を挟んで両側に展開していて、テーブルは店内・屋外の両方があります。

13時30分ごろに行ってみたらやはり満席でしたが、1時間後にテーブル確保を約束してくれました。

りり

モッチモチのピザは文句なしのお味‼︎今回の旅で一番美味しかった食べ物の1つです。

子供たちのためにオーダーしたニョッキもおいしかった〜!

ナポリにある老舗ピッツェリアブランディのピザとニョッキ
マルゲリータはもちろんオーダー。生ハムの乗ったピザもニョッキも最高でした

テーブルは意外と数がありますが、日程が限られている場合は、事前にテーブル予約したおいた方が無難です。

ブランディ
住所Salita S. Anna di Palazzo, 1/2, 80132 Napoli NA
アクセスMunicipio駅から徒歩11分
ホームページhttp://www.brandi.it/

【食べ物編】マリー(La Sfogliatella Mary)- ナポリのお菓子スフォリアテッラが有名

ナポリにあるマリーというお店の様子とテイクアウトしたデザート類
早朝のお店の様子 / テイクアウトしたスフォリアテッラとババ

ウンベルト1世のガッレリア内にある有名店のマリー。トレド通りに面した入口を入ってすぐのところにあります。

ナポリで有名なお菓子「スフォリアテッラ」と、ラム酒の染み込んだ「ババ」を目当てに訪れました。

朝8時からの営業でしたが、8時15分ごろに到着したら、まだほとんど商品が届いていなくて少し待つことに(笑)。

りり

パリパリのスフォリアテッラは評判通り最高においしかったです!ババもお上品なお味でした。

週末の午後4時頃に通りかかった時は、20〜30組のお客さんで長蛇の列!!空いていそうなタイミングを狙ってお出かけください。

マリー
住所Galleria Umberto I, 66, 80132 Napoli NA
アクセスToledo駅から徒歩6分

【食べ物編】ガンブリヌス(Gambrinus)- 優雅な老舗カフェ

ナポリの老舗カフェガンブリヌスの外観
早朝のガンブリヌスのテラス席の様子

1860年創業の有名な老舗カフェのガンブリヌスは、優雅でゴージャスな雰囲気。プレビシート広場の角に位置しています。

朝早くにテイクアウトで利用しました。オーダーをしてレシートを先に受け取り、レジで支払いをしてから商品を受け取る流れです。

りり

店内もしくはテラス席で、歴史を感じながらコーヒーとデザートを召し上がってみてください!!

ナポリにある老舗カフェガンブリヌスの店内の様子、テイクアウトした商品
豪華な店内 /. ピスタチオ入りのクロワッサンなど、おいしくいただきました
ガンブリヌス
住所Via Chiaia, 1, 80132 Napoli NA
アクセスToledo駅から徒歩9分
ホームページhttps://grancaffegambrinus.com/en/

スペイン地区周辺 – 明るい時間帯に楽しもう

スペイン地区 – おいしい食堂やピッツェリアがある下町

ナポリのスペイン地区の様子
スペイン地区の小さな通りの様子。マラドーナはナポリの神様です

ナポリの下町にあたるスペイン地区。ナポリでは珍しく碁盤の目のように細い道が並んでいます。

ナポリで活躍した英雄マラドーナの壁画やグッズ店があったり、洗濯物が干してあったり、庶民的な雰囲気が漂う場所です。

治安が悪い地区とされていて、私たちが訪れる1週間前の夕刻にも発砲事件が(!)あったようですが、明るい時間帯であれば状況は悪くないようです。

りり

人気の食堂やピッツェリアも集まっているので、暗くなる前に行っておくのがおすすめです!!

スペイン地区
住所Quartieri Spagnoli 80132 Napoli NA
アクセスToledo駅からすぐ

トレド通り・トレド駅 – ショッピングストリートを楽しむ

ナポリのトレド通りの様子
トレド通りの様子 / フニコラーレの駅のある広場

スペイン地区に沿って走るのがショッピングストリートのトレド通り

週末の日中に歩いたら、ウィンドーショッピングや食べ歩きをしている大勢の人々で賑わっていました。

そんなトレド通りの中央に位置するトレド駅は、「世界で最も美しい地下鉄の1つ」と呼ばれています。

ナポリのトレド駅の様子
トレド駅のエスカレーター
りり

海をイメージさせるデザインで、モザイクの天井が印象的でした。

トレド駅
住所Toledo (metropolitana di Napoli) 80133 Napoli NA

【食べ物編】’Ntretella – ピッツェリアだけどパスタ類もおいしい

ナポリのレストラン'Ntretellaの様子
12時を過ぎるとピザもオーダーできるそうです

ピザが美味しいとの評判で訪問した‘Ntretella

しかし、早く到着しすぎて(11時台前半💦)ピザ釜の準備がまだだったので、今回はパスタをオーダーしました。

テラス席でいただいたシーフードパスタもボロネーゼも美味しかったので大正解!

次の機会にはピザも食べてみたいです。

‘Ntretella
住所Vico Maddalenella degli Spagnoli, 19, 80132 Napoli NA
アクセスToledo駅から徒歩9分
ホームページhttps://www.facebook.com/PizzeriaNtretell/?locale=it_IT

歴史地区 – ディープでカオスなナポリの旧市街

スパッカナポリ – 古代ギリシャ時代からある通り

ナポリのスパッカナポリの様子
まっすぐに伸びるスパッカナポリは観光客でいっぱいでした

「ナポリを真っ二つに割る」という意味のスパッカナポリ。ナポリ歴史地区を東西に走るまっすぐな通りは、紀元前6世紀頃にギリシャ時代に作られました。

スパッカナポリ周辺にはたくさんのお土産物屋さんはもちろん、老舗のお菓子屋さん、食べ歩きに人気のストリートフード、ピッツェリアなどが並び、観光客で賑わっています。

この地区のVia Duomo(ドゥオモ通り)にはナポリで一番大きなナポリ大聖堂があります。私たちは完全に見逃してしまいましたが、ご興味のある方は行ってみてください。

スパッカナポリ
アクセスDante駅やDuomo駅から5〜7分

サン・グレゴーリオ・アルメーノ通り – キリスト降臨の模型「プレゼーぺ」で有名

ナポリのサン・グレゴーリオ・アルメーノ通りの様子
芸術的なプレゼーぺが並びます / 大混雑していたサン・グレゴーリオ・アルメーノ通り

キリスト降臨の場面を表現したクリスマスのデコレーション「プレゼーぺ」。プレゼーぺを販売する店が集まっていて有名なのがサン・グレゴーリオ・アルメーノ通りです。

手の込んだ美しい大作のプレゼーぺもあれば、プレゼーぺ風の(クリスマスとは関係ない)お土産、人形や仮面など色々販売されています。

とても小さな通りで、私たちの訪問時はなかなか前に進めないほどの混雑ぶりでした。

ナポリのサン・グレゴーリオ・アルメーノ通りのお土産屋さんの様子
様々なお土産も見つかります
サン・グレゴーリオ・アルメーノ通り
住所Via S. Gregorio Armeno, 80138 Napoli NA
アクセスDuomo駅から徒歩8分

ジェズ・ヌオーヴォ教会 – 外観がとっても独特

ジェズ・ヌオーヴォ教会のある広場の様子
パッと見ただけでは教会とは分かりにくいジェズ・ヌオーヴォ教会(画像左)

独特な外観のジェズ・ヌオーヴォ教会は、近くから見ると壁一面が小さなピラミッド型で構成されています。

外観とは打って変わり、内部は豪華で華やかなバロック調。入場は無料でした。

りり

ジェズ・ヌオーヴォ教会を通り過ぎると、スパッカナポリのディープな世界へ続きます。

画像の右奥に見えるサンタキアラ教会は、ナポリの喧騒を忘れるほど落ち着いて美しいそうなので、教会が好きな方はぜひ訪れてみてください。

ジェズ・ヌオーヴォ教会
住所Piazza del Gesù Nuovo, 2, 80134 Napoli NA
アクセスDante駅から徒歩5分

ダンテ広場 – 歴史地区にある大きな広場

ナポリのダンテ広場の様子
イタリア統一後からダンテ広場と呼ばれているそうです

地下鉄ダンテ駅を利用した時に立ち寄ったダンテ広場。立派な広場に思わず記念撮影しました。

広場に向かって左側にあるアルバ門(Porta Alba)から歴史地区へ道が続いているのですが、古本屋や文房具屋が並んでいて雰囲気があります。

ちなみに、ダンテ広場から徒歩8分のナポリ国立考古学博物館は、古代ローマ・ギリシャ彫刻や、ポンペイ・エルコラーノ遺跡の出土品もある人気の博物館です。

ダンテ広場
住所Piazza Dante, 80135 Napoli NA
アクセスDante駅からすぐ

【食べ物編】ガイ・オディン(Gay-Odin)- 老舗チョコレート屋のジェラート

ナポリのジェラテリア、ガイ・オディンの様子
ガイ・オディンの店内 / 外観

1894年創業のチョコレート屋ガイ・オディンのジェラテリア。店構えも歴史を感じさせます。

スパッカナポリの入口にあるので、散策前にここでジェラートタイム。チョコレートやピスタチアなど、どれも濃厚でおいしかったです。

りり

チョコレート屋さんのジェラテリアなので、チョコレート系はぜひお試しください!

ガイ・オディン
住所Via Benedetto Croce, 61, 80134 Napoli NA
アクセスDante駅から徒歩6分

【食べ物編】トリアノン(Trianon)- 老舗ピッツェリアの巨大なピザ

ナポリのピッツェリア・トリアノンの店内とピザの様子
びっくりするほど大きなピザ!

歴史地区の端っこにあるピッツェリア・トリアノンは1923年創業の老舗です。

店内が広いということで、子連れでも入りやすそうだと思い入店しました。

トリアノンのピザは「馬車の車輪」と呼ばれるほどビッグサイズ!

りり

結構薄めのピザなので、見た目の迫力とは裏腹にパクパク食べていけました。

ちなみに、トリアノンから歩いてすぐのところに、1870年創業の超有名大人気ピッツェリアのダ・ミケーレがあります。(日本にも店舗があるようですね!)

ダ・ミケーレが混雑していたら、トリアノンへどうぞ!!

トリアノン
住所Via Pietro Colletta, 44, 80139 Napoli NA
アクセスDuomo駅から徒歩6分
ホームページhttps://www.pizzeriatrianon.it/

ヴォメロ地区 – 治安の良い丘の上の高級住宅街

サンテルモ城 – 360度のパノラマが素晴らしい!

ナポリにあるサンテルモ城の様子
街から見るサンテルモ城と、実際に歩いてみたお城の内部の様子

ナポリの街の所々から目に入る、ヴォメロの丘の上に立つサンテルモ城。14世紀に建設され、その後要塞化しました。20世紀には刑務所として利用されていたそうです。

現在では、美しい景色を目的にたくさんの観光客が訪れます。

りり

階段はほとんどないので、ベビーカー利用の家族もたくさんいました。

お城のてっぺんは歩いてぐるりと回れる造りで、360度の素晴らしい景色が見渡せます。

ナポリのサンテルモ城からの景色
サンテルモ城から見るナポリ湾とヴェスヴィオ火山

子供たちも比較的自由に走り回れて、景色も楽しんでいました。

りり

お子さん連れでしたら、サンテルモ城は特におすすめです!

ナポリのサンテルモ城の頂上の様子
サンテルモ城のてっぺんはぐるりと歩いて回れるので、ナポリの街を360度見渡せます
サンテルモ城
住所Via Tito Angelini, 20/A, 80129 Napoli NA
アクセスFunicolare Centrale駅から徒歩11分

フニコラーレ – ヴォメロの丘へ簡単にのぼれる

ナポリのフニコラーレ駅Augusteoとフニコラーレの様子
フニコラーレの駅(Augusteo) / 終点のFunicolare Centraleで下車

ヴォメロエリアへは地下鉄かフニコラーレでのぼれます。私たちはトレド通りにあるAugusteo駅からフニコラーレを利用しました。

終点のFunicolare Centraleまで8分程度です。

りり

ずっとトンネルなので、景色は残念ながら見られません。

乗車したフニコラーレの車両にギターを持った演奏家が登場。チップをせびられたら嫌だな…なんて思ったのも束の間、イタリア人の家族が「今日誕生日だからお祝いして‼︎」とハッピーバースデーを盛大に歌ってもらってました。

イタリア人に生まれたら、人生楽しそうでいいですね

Augusteo(トレド通りのフニコラーレ駅)
住所Augusteo 80132 Napoli, NA
Funicolare Centrale(ヴォメロの丘のフニコラーレ駅)
住所Via Renato Lordi, 10, 80127 Napoli NA

【食べ物編】Mennella – ナポリで店舗展開する人気のジェラテリア

ナポリのMennellaのジェラートを食べる子供たち
店舗の撮影をしていないのですが、こじんまりとした控えめなお店でした / 息子がかなり気に入ったヨーグルトのジェラート

ナポリの下町とは違う落ち着いた雰囲気のある、治安のよいヴォメロ地区。

その中心のVanvitelli広場からすぐのMennellaというジェラテリアにふらりと立ち寄りました。

りり

子供たちがここのジェラートをとても気に入って、それぞれ追加で注文することに!!

後から知ったのですが、Mennellaはナポリに店舗展開している人気のジェラテリアだそうです。プレビシート広場近くにもあるので、見かけた方はぜひ寄ってみてください!

Mennella(ヴォメロの丘の店舗)
住所Via Alessandro Scarlatti, 97, 80127 Napoli NA
アクセスVanvitelli駅を出てすぐ

【まとめ】ナポリの観光地をエリア別に紹介

イタリア第3の都市ナポリは、ナポリ湾一帯の景色が美しく「ナポリを見て死ね」の名言は有名です。

その一方で、ごちゃごちゃとカオスなエリアもあり、治安が不安定と言われていることも事実。しかしながら、日中に明るい場所を歩いている分には、そこまで危険な感じはなく、幸いトラブルも起こりませんでした。

今回ご紹介したのは、同じナポリでも異なるイメージの4つのエリア。滞在日数に合わせて気になるエリアを訪問してみてください。

  • プレビシート広場周辺 – 洗練された美しい地区
  • スペイン地区周辺 – 明るい時間帯に楽しもう
  • 歴史地区 – ディープでカオスなナポリの旧市街
  • ヴォメロ地区 – 治安の良い丘の上の高級住宅街

以上、参考になる情報があれば幸いです!!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次