【ブダペストの人気レストランMENZA】お洒落においしく!【マンガリッツァ豚もあり】

ブダペストのMENZAレストランのマンガリッツァ豚料理

ブダペストにはたくさんのレストランがありますが、気がついたら閉店していて、また違うお店が開いていた、ということはよくあります。

そんな中、20年間も営業を続けている人気レストラン「MENZA(メンザ)」には、いつもお客さんがいっぱいで、ランチやディナーの時間は入店を待つ行列ができています。

MENZAではモダンな食事が提供されていて、ハンガリー料理はもちろん、パスタやサラダ、中近東やアジア風の料理もメニューに並んでいます。

お値段はブダペストの中ではなかなかリーズナブル。実は、ハンガリー語の案内しかないのですが、お得な平日の日替わりランチメニューもあるんです。

りり

平日のお昼に家族でMENZAに行ったので、その時の様子を写真と共にレポートいたします。

私はハンガリーの「食べられる国宝」マンガリッツァ豚のステーキをいただきました!

ブダペストでおいしいレストランを探している方、お洒落な雰囲気が好きな方、マンガリッツァ豚を食べてみたい方は、ぜひこちらの記事に目を通してください!🎉

🐷MENZAレストランと同じブダペスト6区にある、Király 100レストランでもマンガリッツァ豚が食べられます!マンガリッツァ豚が気になる方は、こちらの記事も要チェックです🎵

あわせて読みたい
【ハンガリーの食べられる国宝】マンガリッツァ豚のあるKirály 100レストラン ハンガリーには「食べられる国宝」と呼ばれる豚がいることをご存知ですか?その名は「マンガリッツァ豚」。 ハンガリーの固有豚で、一時は絶滅の危機に瀕していましたが...
この記事を書いた人

りり / 旅行大好き

ハンガリーの首都、ブダペスト在住18年
1人旅が大好きで、世界50カ国以上を訪問
東京で旅行会社に4年勤務経験あり
ヨーロッパに長年いるけれど、実はインドや暖かい国が大好き

旅のプロとして、みなさんに役立つハンガリー情報や、旅行情報をお届け中!
ハンガリー旅行に関するお問い合わせもお気軽にどうぞ!

目次
スポンサーリンク

ブダペストで人気のMENZA(メンザ)レストランとは

ブダペストのMENZAレストランの外観
MENZAレストランの外観

ブダペスト6区のリスト フェレンツ広場には、レストランやカフェが軒を並べていますが、20年もの間コンスタントに人気を保っているのがこのMENZAレストランです。

りり

レストランは広告宣伝に力を入れていないにも関わらず、口コミで集まったお客さんでいつも店内は混雑しています!

私も15年以上前に「MENZAレストランすごくおすすめだよ!」と、友人に教えてもらったのが、このレストランを知るきっかけでした。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
MENZAレストランの入り口付近の様子

ハンガリー語で「MENZA」とは、学校や職場にある安価な食事をとれる食堂のことです。

MENZAレストランはその名前の印象とは裏腹に、もっとずっとモダンで垢抜けています。

でも、気取った雰囲気ではなく、誰でも入店しやすい親しみやすさを感じられるのが不思議です。

若い人たちだけではなく、地元の年配の方々にも人気があります。私たちが訪問した時も、年金受給者と思われるお客さんを数組見かけました。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
地元の年配の方々にも人気があります
りり

レストランのオーナーのインタビューを読んだことがあります。

オーナーとスタッフが「すべてのお客さんに喜んでもらいたい」という愛情と信念をもって働いているのが、MENZAレストランの長年の人気の秘訣のようです!

スタッフのみなさんの対応もよかったです。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
入り口を入って正面にあるドリンクカウンター

ガラス張りのテラス席から建物に入ると、Menzaのプレートのかかったカウンターが目に入ります。平日はハンガリー人に人気のランチメニューがあるので、テイクアウトのための紙袋がすでにずら〜り。

私たちは11時30分に予約をしていて、入り口を入って右側奥のテーブルに通してもらいました。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
入り口を入って右側にあるテーブル席の様子

窓はないのですが天井が高く開放感があり、静かで落ち着いて過ごせる場所でした。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
私たちの座ったテーブルからの眺め

入り口を入って左側は大きな窓があって明るいです。下のフロアと上のフロアに分かれています。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
入り口を入って左側のフロアの様子

「20」の数字は、MENZAレストラン20周年を意味しています。モダンで清潔なお手洗いはこの階にあります。

ブダペストのMENZAレストランの店内の様子
上のフロアの様子

入り口のガラス張りのテラス席はこのような様子です。

ブダペストのMENZAレストランのテラス席の様子
道路に面したガラス張りのテラス席

寒くない時期は、レストランの外もテーブル席が並んでいて、いつも混雑している様子が伺えます。

ブダペストのMENZAレストランのテラス席の様子
夏に撮影したMENZAレストラン。歩道を利用したテラス席があります

MENZAレストランで、平日のお昼にランチをいただく

ブダペストのMENZAレストランで食事をいただく夫と娘
ランチメニューのハンバーガーとポテトをいただく夫と娘

レストランの開店後早めに入店したので、最初はまだ混んでいませんでした。

しかし、正午を過ぎる頃にはもうかなりテーブルが埋まっていて、午後1時に席を立つ頃は順番待ちの列ができていました。

MENZAレストランに行ってみたい!と思った方は、できるだけ早く予約を入れることをおすすめします。オンライン予約は希望日の2日前が締め切りです。

りり

お店が混んでくると、ウェイターさんを呼ぶのが結構難しいです。時間に余裕をもって、ゆったりとお待ちくださ〜い。

マンガリッツァ豚のステーキ

ブダペストのMENZAレストランのメニュー表
MENZAレストランのメニュー

MENZAレストランでマンガリッツァ豚料理は、アラカルトメニューに載っています。

期間限定メニューにもマンガリッツァ豚の料理がありました。ウェイターさん曰く、どちらのメニューもお肉自体は同じで、味付けや付け合わせが異なるとのこと。

今回は期間限定メニューの「マンガリッツァ豚のロース、焼きリンゴ、ベーコンとさやいんげん炒め」を選んでみました。

マンガリッツァは希少価値が高いので、5,990フォリント(2023年12月現在、約2,400円)と、他のメインメニューよりは少し高めの価格です。

豚肉の部位のイラスト(ハンガリー語)
豚肉の部位のイラスト。丸で囲った”karaj”の部位がステーキになってでてきます / 画像引用元:Dívány

MENZAレストランで提供されるマンガリッツァ豚の部位は”karaj”=ロース。ハンガリーのスーパーでもよく売っていますが、脂身よりも赤身が多く、比較的さっぱりした部位といえます。

オーダーして待つことたったの10分程度、運ばれてきたお皿がこちらです!!

ブダペストのMENZAレストランのマンガリッツァ豚ステーキの画像
期間限定メニュー「マンガリッツァ豚のロース、焼きリンゴ、ベーコンとさやいんげん炒め」

分厚くてしっかりした大きさのマンガリッツァ豚!200グラムくらいありそう!!

”焼きリンゴ”は本当に丸ごと焼いたリンゴで、見た目が迫力満点です。

ベーコンとインゲンの炒め物のほかに、メニューには書いてありませんでしたが、茹でたジャガイモと焼いた芽キャベツもついていました。

ブダペストのMENZAレストランのマンガリッツァ豚ステーキの画像を切った画像
ボリュームたっぷりのマンガリッツァ豚!

マンガリッツァ豚は焼きリンゴの高さ3分の1程度もの分厚さです。いただきます!

とても優しい味のマンガリッツァ豚で、ほんのり塩味がちょうどよく、表面のカリカリに焼けている部分も、赤身のお肉の部分もおいしいです。

2歳の娘も「もっとちょうだい」と言いながら、パクパクと食べていました。

りり

前回のブログで書いたKirály 100のマンガリッツァ豚は脂身が多い肩ロースでしたが、今回は赤身の方が多いロースなので、脂身が苦手な方にもおすすめできます!

付け合わせのベーコンとサヤインゲン炒め、ジャガイモや芽キャベツもたっぷり。中央に乗っかっていた焼きレタスも塩味がついていて、何気にすごくおいしかったです。

焼きリンゴは久しぶりに食べましたが、しっかり火が通っていて甘くて柔らかく、うちに帰ったら私も久しぶりに作ろう!と思ったほど。

お肉の柔らかさはKirály 100の肩ロースに軍配があがりますが、ここMENZAのマンガリッツァ豚もおいしさでは互角で、優しくさっぱりした味が印象に残りました。ボリュームはたっぷり!

見た目が華やかで、お野菜がたくさんなのもポイントが高かったです。

この焼きリンゴ添えのメニューは2023年12月で終わってしまいますが、アラカルトメニューにハニーマスタードで味付けしたマンガリッツァ豚があります。

りり

マンガリッツァ豚を食べてみたい方は、MENZAレストランも候補の1つに入れてください!

平日の日替わりランチメニュー(飾らないシンプルランチなので、長期滞在者向き!?)

ブダペストのMENZAレストランのランチメニュー
日替わりランチメニュー。Korhelylevesとハンバーガーセット

ハンガリー人の間では、MENZAレストランの日替わりランチメニューが人気です。

学校などにあるMENZA(食堂)といえば、Aランチ、Bランチといったセットメニューも一般的なので、このレストランの名前に相応しいメニューです。

でも、実はランチメニューはハンガリー語でしか案内がなく、観光客でランチメニューの存在に気がついている人は、案外少ないように見受けられます。

日替わりランチメニューは2品(前菜+メインの日もあれば、メイン+デザートの日もあり)で2,590フォリント(2023年12月現在、約1,000円)、とってもリーズナブルなセットです。

ただし、メニューの内容はハンガリー料理とは限りません。

短いハンガリー滞在でMENZAのランチメニューを注文したら、「アラカルトメニューから、ハンガリー料理を選んだほうがよかったかも〜」となる可能性は否めません。

ブダペストのMENZAレストランのランチメニューのメイン(ハンバーガーとポテト)
ハンバーガーセットと、ハンガリーのビール”Borsodi”

夫が注文した日替わりメニューは、以下の通りでした。

  • Korhelyleves”というハンガリーのスープ(パプリカパウダーで調理した酢漬けのキャベツのスープに、コルバースというハンガリーのソーセージ入り)
  • ハンバーガーとフライドポテト

味見させてもらいましたが、どちらもおいしかったです。(お値段のことを思うとさらにおいしい!!)

ベジタリアンメニューもあって、この日の前菜はセロリのクリームスープ、メインはカマンベールチーズのグリルとブルグルのサラダでした。

ランチメニューのチョイスは国際的で、ハンガリー料理もありますが、中東料理やユダヤ料理、無国籍料理など様々です。

りり

以下のような場合は、ウェイターさんにその日のランチメニューを確認して、注文してみるのもありです!

こんな人には、MENZAのランチメニューもおすすめ
  • ハンガリーに長期滞在していて、リーズナブルなランチが食べたい場合
  • 予算を抑えたい場合
  • 必ずしもハンガリー料理でなくていい場合

    ※”グループではランチメニューは注文不可”の注意書きがあります。5名以上をグループとみなしているようですが、注文前に個別にご確認ください。

ランチメニューは、数がなくなり次第販売終了です。

ハンガリーに短期で旅行に来ている場合は、アラカルトメニューからハンガリーらしい料理をチョイスしたほうがいいかもしれません…!?

MENZAレストランのその他の料理

ブダペストのMENZAレストランのメニューの画像
MENZAレストランのメニューの一部 / 画像引用元:MENZAレストランホームページ

期間限定メニューとアラカルトメニューがあり、ベジタリアンのためのメニューも常時用意されています。

ハンガリー料理はもちろん、色々な国の料理もあり、モダンで自由なメニューのラインナップといった印象です。

りり

ホームページのメニュー1つ1つをクリックすると、全ての料理に対して画像が表示されます(!)。

レストランへ向かう前に、チェックしておくのがおすすめです。

MENZAのメニュー(英語):https://www.menzaetterem.hu/en/food/

私たちはお腹がいっぱいになったので、デザートは試しませんでしたが、注文したコーヒーは味わい深くおいしかったです。

特に、夫はパンプキンシロップの入ったコーヒーを絶賛していました!

ブダペストのMENZAレストランのコーヒーメニューと、オーダーしたコーヒー2種類
(左)MENZAのコーヒーメニュー / (右)奥がパンプキンラテ、手前がカプチーノ

MENZAレストランへの行き方、営業時間

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次