【ハンガリーでしてはダメなこと5選】旅行中に気をつけたいマナー編

ハンガリーでしてはダメなこと5選

日本では気にならないことも、海外旅行先ではタブーだったり、現地の人に嫌がられる行為の場合があります。

「郷に入っては郷に従え」で、 訪れている国の習慣をリスペクトして、現地の人も旅行者もお互い気分よく過ごせるといいですよね。

りり

ハンガリーの首都ブダペスト在住18年の私が、「ハンガリー旅行中にしないほうがいい」と思うことを、5つピックアップしました!

ハンガリー周辺諸国でもほぼ似たような認識です。ヨーロッパ渡航前にぜひ目を通して、現地でスマートに振る舞ってください🎉

【旅の指さし会話帳】

かれこれ20年くらい前に私も持っていたので、懐かしい!!と思わず表紙に見入ってしまいました。

かわいいイラストと共に、旅に便利な単語やフレーズが盛り込まれています。

ハンガリー旅行のお供にいかがですか?

この記事を書いた人

りり / 旅行大好き

ハンガリーの首都、ブダペスト在住18年
1人旅が大好きで、世界50カ国以上を訪問
東京で旅行会社に4年勤務経験あり
ヨーロッパに長年いるけれど、実はインドや暖かい国が大好き

旅のプロとして、みなさんに役立つハンガリー情報や、旅行情報をお届け中!
ハンガリー旅行に関するお問い合わせもお気軽にどうぞ!

目次
スポンサーリンク

ハンガリーで旅行中にしてはダメなこと 5選

1. 挨拶をしないでお店やレストランへ出入りする

ブダペストの歩行者天国ヴァーチ通りと路面店の様子
小さな路面店がずらりと並ぶ、ブダペストの歩行者天国ヴァーチ通り

日本ではお店やレストランに入ると、店員さんが「いらっしゃいませ」と挨拶をしてくれて、お客さんは無言で会釈をするのが当たり前の風景ですよね。

ハンガリーでは店員さんが「こんにちは」と挨拶をしてくれるので、みなさんも「こんにちは!」と挨拶をして入店してください。

挨拶は英語でもハンガリー語でも大丈夫です。

何も言わずにお店に入ると、「誰かがいつの間にかお店にいる!」と店員さんがびっくりしたり、怪しい人に思われるかもしれません。挨拶は「私は怪しくないです、お店の商品を見たいんです/お茶を飲みたいんです」というアピールも兼ねているといえるでしょう。

りり

小さなカフェを経営していた友達が「日本人はどうして挨拶してくれないの?感じ悪いよ!」とよく気を悪くしていました。

それ以来、私も挨拶はしっかりするように心がけています!

お店から出る時も「さようなら」とか「ありがとう」と挨拶をして、こっそり去らないようにしましょう。

多くのハンガリー人は、店員さんが近くにいようといまいと、聞いていようと聞いていまいと、ほぼ自動的に「こんにちは」「さようなら」と挨拶しています。

店員さんの反応がなくても、全く気にしないでいるのが正解です。

ただし、規模の大きなファーストフード店・ファストファッション店の入り口では、挨拶せずに出入りしている人が多いです。レジで会計をする時には、店員さんに挨拶しましょう。

ハンガリー旅行で使える挨拶をこちらの記事にまとめています。ハンガリー語でこんにちはは「ヨー ナポトゥ」、さようならは「ヴィソントゥラーターシュラ」と言います!

あわせて読みたい
ハンガリー旅行で使えるハンガリー語17選!【在住者の解説付き!】 ハンガリーで話されている言語は「ハンガリー語」です。みなさんご存知でしたか? ウラル語族フィン・ウゴル語派に属するハンガリー語は、周辺のヨーロッパ諸国で話され...

2. 鼻をかまずに、鼻をすする

りり

ハンガリーでは鼻をすするのは厳禁です!鼻はしっかりかみましょう

私たちからすると、「ぶーーーん」とすごい迫力で鼻をかんでいる人にびっくりするのですが、鼻をしっかりかむのは全く問題ありません。

一方で、鼻をすすり続けている人はものすごく嫌われます!!

ハンガリーのポケットティッシュ
ハンガリーで売っているポケットティッシュは、日本のものより分厚めで、袋は細長い形をしています

寒い時期に風邪気味だったり、ハンガリーの花粉などにアレルギー反応が出てしまった場合は、ティッシュをたくさん用意して、遠慮なく鼻をかむようにしてください!

スポンサーリンク

3. レストランでウェイターさんを手招きで呼ぶ

レストランで会計処理を施すウェイターと、お客さんの様子
レストランで会計処理をしているウェイターさん(MENZAレストラン)

レストランでの接客がスローペースだと、ウェイターさんに「すみません!」と手を振って声をかけたくなりますが、これもあまり一般的ではありません。

あくまでもお客さんとお店の人は対等であって、特に手招きをしてウェイターを呼ぶ行為は失礼に当たります。

現地のお客さんは、ウェイターが自らテーブルに来て声をかけてくれるのを、結構辛抱強く待っています。

りり

あまりにもウェイターさんが来てくれない時は、「来てほしい」オーラ(?)を密かに出したり、目が合ったらニコッと目配せをして、気がついてもらうようにしましょう。

想定外にレストランで待たされて、食べ終わったらすぐ出発しないといけない!というピンチの場合は、料理を持ってきてもらった時に「すみませんが、すごく急いでいるので、お会計を先に準備してください」と早々に伝えるのもありです。(そういうお店では、お会計も待たされがちなので。)

できれば、レストランへは時間に余裕を持ってお出かけしましょう。

ハンガリーを含む元社会主義国を旅行していると、時々遭遇するのが「こっちがサービスしてあげてるんだから、サービスを受け取れることをありがたく思え」という、サービス提供側の強気な姿勢。

レストランにも結構ある気がします💦

日本とは全然違う文化だと受け入れてスルーするのが気楽です。もっとも、最近は丁寧な対応をしてくれるところの方が断然多いです!

4. 音を立てて食事をいただく

ブダペストのレストラン・ポモドーロのシーフードパスタ
ブダペストで本格的なイタリアンをお探しながら、5区にあるトラットリア ポモドーロ(Trattoria Pomo D’Oro)がおすすめです!私はシーフードパスタがお気に入り。予約必須です!

日本では麺類は音を立てて食べても大丈夫、むしろその方が粋だという文化ですが、ハンガリーでは違います。

音を立てて食べていると「お行儀の悪い人」になってしまい、周りにいる人から白い目で見られます。

和食屋さんでは話は別ですが、現地の普通のレストランでは気をつけてください。

りり

麺類だけではなく、スープや飲み物もすすらないようにしましょう!

スポンサーリンク

5. いかにも高そうな洋服を着たり、ブランド品や高級時計を身につける

ハンガリー人は飾らないシンプルな格好をしている人が多いです。

かなり極端に説明すると、夏だったら短パンにTシャツやタンクトップ、冬ならあたたかそうなパンツにセーターとダウンコート、といったコーディネートです。

夏の時期にドナウ川クルーズの乗船のために並ぶ人々
8月にドナウ川のクルーズ船を待つ人々。ハンガリー人だけでなく外国人観光客も多いですが、みなさんシンプルな服装です
ハンガリー自然史博物館で入場を待つ人々。11月上旬の様子。ジーンズ+コートの組み合わせが多い

ハイブランドの洋服でばっちりきめたり、高級そうなバッグや時計を身にまとっている人は、場所にもよりますが、観光地ではほとんど見かけません。

そのため、ハンガリー人のシンプルな服装の間では、ちょっと雰囲気が浮いてしまって目立ちます。

周りから浮くだけならまだしも、目をつけられて、油断した隙にスリや置き引きの犯罪に遭うと残念すぎます💦

りり

現地の人たちの中で、悪目立ちしない装いをして、安全にハンガリーの滞在を楽しんでいただけたら嬉しいです!!

オペラ座での観劇、コンサート会場・素敵なレストランにお出かけの際は、もちろんばっちりおしゃれに決めてください。

ただし、往復の移動の際、意味なく近づいてくる人は怪しいので、貴重品には気をつけましょう!

ハンガリーの治安は悪くありませんが、日本ほど安全ではありません。渡航前にこちらの記事にも目を通してみてください。

あわせて読みたい
ハンガリーの治安は悪い?ブダペスト在住者から旅の注意点を解説! ハンガリーへの旅行を計画されていますか?ハンガリーは安全な国なのか、治安は大丈夫なのか気になりますよね。 一般的に、西ヨーロッパに比べて東ヨーロッパの治安はよ...

ハンガリーで旅行中にしてはダメなこと 5選 まとめ

  • 挨拶をしないでお店やレストランへ入る/出る
    →明るく気軽に挨拶をしましょう!
  • 鼻をかまずに、鼻をすする
    →鼻は思いっきりかんで大丈夫です!
  • レストランでウェイターさんを手招きで呼ぶ
    →来てくれるまで辛抱強く待つか、全然来てくれなかったら笑顔で目配せしましょう
  • 音を立てて食事をいただく
    →日本のすする文化のことは忘れて、静かにいただきましょう
  • いかにも高そうな洋服を着たり、ブランド品や高級時計を身につける
    →スリに狙われないよう、シンプルな服装の方が安全です

日本ではOKとされていたり、特に気にならないことが、ハンガリーでは不審に思われたり嫌がられたりする場合があります。

「郷に入っては郷に従え」、旅行中は上記の点に気をつけて、現地の人たちに愛される旅人になってください。

以上、参考になる情報があれば幸いです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次