【ブダペストから日帰り観光】バラトン湖の歴史ある保養地バラトンフレド

バラトン湖の眺め

ハンガリーのバラトン湖をご存知ですか?中央ヨーロッパで最大の面積を誇る湖です。

独特なエメラルドグリーン色の美しいバラトン湖は、海のないハンガリーで人気No. 1の夏のスポット。

寒い時期は観光客がめっきり減りますが、空いている静かな湖畔でまったりするのも乙なものです。

バラトン湖へは、ブダペストから日帰りでも行くことができます。

先日、家族でバラトン湖へ日帰り旅行に行ってきました。バラトンフレドという町までブダペストから電車で片道約2時間です。

せっかくの機会なので、バラトンフレドはどんな町なのか、どんな見どころがあるのか、最新の様子をまとめてみました。

ブダペストから行ける日帰りスポットをお探しの方や、一度バラトン湖を見てみたいという方の参考になれば幸いです!

旅慣れない場所へ行く時は、道中スマホで調べ物ができたら安心ですよね。

日本から海外へ行く時に持っていて便利なのが「グローバルWiFi」。海外用WiFiレンタル6年連続利用者数No.1です。

自分のスマホをそのまま使えて、グループ旅なら1台だけ借りて割り勘すればお値打ちです。

ここから申し込みをすると1000円割引になります。料金や申し込み可能日程も確認できます☟

\ 1,000円割引でグローバルWiFiに申し込める! /

この記事を書いた人

りり / 旅行大好き

ハンガリーの首都、ブダペスト在住18年
1人旅が大好きで、世界50カ国以上を訪問
東京で旅行会社に4年勤務経験あり
ヨーロッパに長年いるけれど、実はインドや暖かい国が大好き

旅のプロとして、みなさんに役立つハンガリー情報や、旅行情報をお届け中!
ハンガリー旅行に関するお問い合わせもお気軽にどうぞ!

目次
スポンサーリンク

バラトン湖のエレガントな街、バラトンフレド

バラトン湖を眺める景色
バラトン湖とタゴール遊歩道

バラトン湖畔にはたくさんの町があって、それぞれ特色も異なります。パーティーが好きな若者達で賑わう町もあれば、バラトン湖のワインを楽しめる町、地味だけれども静かに過ごせる町など様々です。

湖は東西に細長いので、日帰りで行く場合は、ブダペストに近い湖の東側にある町に行くのがおすすめです。

バラトン湖の地図
黄色い矢印の町がこれからご紹介するバラトンフレドです / マップ引用元:balatoniszallas.hu

今回ご紹介するのは湖の北東に位置するバラトンフレド(Balatonfüred)。 バラトン湖の北の首都と呼ばれています。

古くから保養地として栄えたこの町には、上流階級の人々や芸術家、政治家たちが好んで訪れました。昔の建物も残っておりエレガントな雰囲気も感じられます。

バラトンフレドは美しい場所ですが、スノッブな感じではありません。誰でも気兼ねなく訪れることができ、バカンスシーズンは老若男女であふれかえります。

スポンサーリンク

バラトンフレドでの過ごし方

バラトンフレドのヨットハーバー
ヨットハーバー

さて、日帰りでバラトンフレドに行く場合どんな過ごし方ができるのでしょうか。早速見ていきましょう。

遊覧船を楽しむ(4月〜10月)

遊覧船の様子
小さな遊覧船内でバラトン湖を楽しみます

春〜秋のシーズンに人気なのが60分の遊覧船ツアー。私たちが乗船したのは1927年(!)に製造された定員60名のCsobáncという船です。

船の前方には屋根がありませんが、後方は屋根付きなので暑い時期でも直射日光を防げます。

※海賊船のような見た目の蒸気船がバラトンフレドで人気ですが、2023年7月は運航していませんでした。

遊覧船に乗船した人々
船の様子

船はバラトン湖の唯一の半島であるティハニへ近づき、半島の先あたりでUターンして戻ってきます。船の左右どちら側に座っていても、往路か復路のどちらかでティハニの景色をしっかり見ることができます。

船からの景色
ティハニ半島(奥)とティハニの船着場(手前右)
遊覧船と景色
遊覧船の旅の後半。船の左側から見る景色

船の下の階に小さなキオスクがあって、ドリンクなどをオーダーできます。お手洗いもついているので安心です。

船の地下にあるキオスク。トイレもあります
キオスクで飲み物を買う夫と息子 / お手洗いのマークはレトロな雰囲気

バラトン湖畔の町へ行くフェリーに乗ることも可能(通年)

バラトン湖畔の町と町を結ぶ船

遊覧船だけではなく、バラトン湖の他の町へ向かう船も通年で出ています。

バラトンフレドの対岸にある賑やかな町シオーフォク(Siófok)に向かう便もあり、シオーフォクから電車でその日のうちにブダペストに帰ることも可能です。ホームページで時刻表を確認して、あらかじめスケジュールをしっかり組んでおきましょう。

バラトンフレド遊覧船乗り場情報

住所Balatonfüred, 8230
アクセスバラトンフレド駅から徒歩15分
営業日遊覧船は春〜秋(春と秋は週末のみ、夏は毎日)、町と町をつなぐ船は通年
遊覧船料金大人 2,500フォリント
子供(4〜14歳) 1,250フォリント
船会社ホームページhttps://jegy.bahart.hu/

タゴール遊歩道

タゴール遊歩道を歩く様子
タゴール遊歩道の並木道はここから始まります

今から約100年前の1926年に、インドのノーベル賞受賞詩人タゴールがバラトンフレドに療養滞在していたことがあり、彼の名をとったタゴール遊歩道があります。

バラトン湖に沿った800メートルの遊歩道は並木になっていて、夏は心地よい木陰を散歩できます。

タゴール遊歩道の様子
バラトン湖を眺めるベンチもたくさんあります
タゴール遊歩道の様子
ちょうどいい木陰ができています

白鳥やカモを間近で見たり、湖沿いのベンチに座ってまったりするのもいいです。

バラトン湖の辺りで水鳥を眺める
白鳥やカモがたくさんいます

レジャーシートを一応持ってきていたのですが、芝生に座っている人も結構いたので、私たちものんびりしました。

ピクニックシートを敷いて休む家族
バラトン湖を眺めながら休憩

かさばらない軽量のレジャーシートが1つあると重宝します。気軽に荷物に加えられますよ!

遊歩道の途中には公園もありました。

タゴール遊歩道の脇道
緑が多く清々しいです
タゴール遊歩道の脇にある公園
夏の日中は日差しが強いので気をつけましょう

タゴール遊歩道の情報(マップ)

●紫色のライン タゴール遊歩道
①公園

コシュート・ラヨシュの泉(鉱泉水)・循環器病院・アンナ グランド ホテル

タゴール遊歩道からバラトン湖を背にして少し行くと、鉱水を自由に飲めるコシュート・ラヨシュの泉があり、その広場に面してハンガリーで一番大きな循環器病院アンナ グランド ホテルが立っています。

この日はイベントがあるようで、準備をする人たちが忙しそうにしていました。

コシュート・ラヨシュの泉
鉱泉水はペットボトルなどに入れて持って帰れます

鉱泉水の湧くこの泉の建物は1800年から存在していて、鉱泉水は自由に飲むことができます。

鉄分を多く含む鉱泉水は、様々な臓器の問題を解決するということで、泉の目の前にある循環器病院で利用されてきました。前述したタゴールはここで治療を受けていました。

ハンガリー国立循環器病院
循環器病院。古くて立派な建物です

アンナ グランド ホテルは200年以上の歴史のあるホテルです。数年間改装工事をしていましたが、2023年夏に完成して口コミでも評判です。一度ホテルに宿泊したことがあるので、その時の簡単な記録はご興味があったらご覧ください。

アンナグランドホテルの建物
アンナグランドホテルの建物の一部。ここには朝食会場などがあります

コシュート・ラヨシュの泉周辺の情報(マップ)

❶コシュート・ラヨシュの泉
❷循環器病院
❸アンナ グランド ホテル

食事・アイスクリーム・お土産探し・観光バスなどを楽しむ

レストランが連なる様子
タゴール遊歩道の奥の方。レストランが並んでいます

船着場から伸びるタゴール遊歩道の後半部分や、船着場からタゴール遊歩道と反対側に向かう遊歩道にレストランやカフェ、お土産物屋さんなどが並んでいます。

私たちはタゴール遊歩道にあるDock Bistroというカジュアルなレストランを予約しました。口コミ評価の通り、お食事は美味しくてボリュームのある内容でした。

昼食の様子
BBQスペアリブ、鳥の胸肉料理

タゴール遊歩道とは反対の遊歩道も、そぞろ歩きをする人でいっぱいです。

遊歩道を歩く人々
遊歩道の名前がはっきりしません…。夏はこちらもとても賑わっています

Füredi fagyizóという素材が自慢のアイスクリーム屋さんがあり、インターネットで大評判だったので行ってみました。

他にもアイスクリーム屋さんはあるのですが、このお店だけが大行列。すっきりした美味しいアイスクリームをいただくことができました。

アイスクリーム屋さんの様子
余計な添加物などを使用していないアイスクリーム

電車の形をした観光バス(大人3,000フォリント、3歳〜1,500フォリント)が30分毎に運航しており、バラトンフレドの町をぐるりと一周しています。

観光バスとそれに乗っている人々
観光バスで町を回る人々

観光バス詳細(公式ページ・ハンガリー語):https://liliput-kisvonat.hu/utvonal/

食事・アイスクリーム・お土産探し・観光バスなどの情報(マップ)

❶Dock Bistro
❷Füredi fagyizó
❸観光バス乗り場

記念館や美術館を巡る

バラトンフレドの古い邸宅が美術館などになっています。

私たちは行く時間がありませんでしたが、小説家ヨーカイ・モールの記念館や、エステルゴム大司教ヴァサリの夏の別荘がヴァサリ ギャラリーとして現在利用されています。

バラトンフレドのエレガントな雰囲気も合わせてじっくりと味わえそうです。

ヨーカイ・モール記念館
ヨーカイ・モール記念館 / 引用元:Füredkult
ヴァサリギャラリーの外観
ヴァサリ大司教の夏の別荘では絵画展が開かれています / 引用元:ヴァサリギャラリー公式ページ

ヨーカイ・モール記念館、ヴァサリ ギャラリーの情報(マップ)

❶ヨーカイ・モール記念館
❷ヴァサリ ギャラリー

有料ビーチで泳ぐ(夏季のみ)

バラトン湖畔のビーチは最近ではほとんどの場所が有料で、バラトンフレドも例外ではありません。

Esterházy Strand és Élményfürdő(エステルハージビーチ)Kisfaludy Strand(キシュファルディビーチ) という2つのビーチがタゴール遊歩道の奥にあります。

ビーチに行く時は、水着やタオル、ビーチサンダルなどをお忘れなくご準備ください。

キシュファルディビーチの様子
Kisfaludy Strandの様子 / 引用元:BALATONFÜREDI STRANDOK

有料ビーチの情報(マップ)

❶エステルハージビーチ
❷キシュファルディビーチ

ティハニ(Tihany)まで足を伸ばしてみる

バラトン湖の半島の上にあるティハニ。歴史の古い修道院が有名

バラトンフレドの隣にあるティハニという村もとても素敵です。

朝早くにブダペストを出発したら、ティハニとバラトンフレドを一度に回ることもできます。

バラトン湖の景色
ティハニから眺めるバラトン湖

私たちは子供を連れていくのが少し面倒だったので断念しましたが、バスにのって20〜30分で到着します。

過去の記事でティハニについて少し触れているので、ご興味のある方はご覧ください。

冬のバラトン湖

冬のバラトン湖。白鳥やカモが泳いでいる様子
数十年前までは、冬のバラトン湖は凍りつくので、歩いて対岸まで渡れたそうです

冬のバラトン湖は、夏の明るさとは打って変わり通りとても静かです。遊びに来ている人もすくないので、のんびりと過ごせます。

レストランなどは休業しているところが多いので、冬にバラトンフレドへ行く場合は事前に確認しておいた方がいいでしょう。

冬のバラトン湖とタゴール遊歩道
冬に行くと空いているので、のんびりと過ごせます

以前、冬(1月)にバラトンフレドで宿泊した時の様子をこの記事でご覧いただけます。冬が寒いハンガリーでは、暖かいホテルでのんびりするが贅沢な時間です。

あわせて読みたい
【子連れで滞在】優雅な町バラトンフレド【観光】ティハニにも足を伸ばして ハンガリーのバラトン湖畔で人気の町はいくつかありますが、その中でも有名なのがBalatonfüred (バラトンフレド)。古い歴史のある町でバラトン湖の中でも特にエレ...
スポンサーリンク

バラトンフレドへの行き方

バラトンフレド駅
改装されたモダンなバラトンフレド駅。バスもこの目の前のターミナルから発着します

ブダペストの南駅(Déli pályaudvar)から電車で出発して、1時間45分〜2時間15分程度でバラトンフレドに到着します。

夏季は1時間に1〜2本程度運行していますが、冬季は2時間に1本です。

経験上、夏の列車はかなりの確率で遅延します💦。30〜60分くらいの遅れは珍しくないので、朝少し早めの電車を選んで出発した方が無難かもしれません。

夏の観光シーズンは全席指定券が必要ですが、冬は自由席もあります。

この路線は結構地味な古い車両が走っていることが多いです。その場合はレトロ感を(?)お楽しみください。

電車のチケットの購入方法はこちらの記事で紹介しています。スマホなどで購入して、QRコードを車掌さんに見せるのが簡単でいいですよ。

あわせて読みたい
【ハンガリー 電車の乗り方】アプリでチケット購入!eチケット5%オフ!! ハンガリー国内で、中長距離の鉄道の旅を計画されていますか? ハンガリーの電車のチケットは元々比較的安いです。その上、オンライン(アプリ・インターネット)で通常...

バラトンフレド駅から船着場までは徒歩で大体15分くらいです。駅から湖までは下り坂で、まあまあ勾配があります。帰りは坂を登ることになるので、少し多めの時間を見ておきましょう。

スポンサーリンク

ブダペストから日帰りでバラトンフレドへ行ってみよう まとめ

バラトンフレドの街
船着場の近くのこの場所は、いつも花々が植えられています

中央ヨーロッパ最大の湖にして、ハンガリー人が大好きなバラトン湖。ブダペストからは少し時間がかかりますが、電車で日帰りで行くことは十分に可能です。

夏の観光シーズンであれば、遊覧船にのったりビーチで泳いだり、賑わうタゴール遊歩道をブラブラと散歩するのが楽しいです。

オフシーズンにはギャラリーで絵画鑑賞をしたり、レストランやカフェで優雅に時間を過ごすのもいいでしょう。

みなさんそれぞれの興味に合わせて、バラトンフレドの滞在を楽しんでください。

お役に立つ情報があれば幸いです!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次